カテゴリー: ムダ毛処理にまつわるエピソード

ムダ毛がうざすぎる

ムダ毛について考える女性
洋服のセールをしている時期、私は久しぶりにに買い物に行ったのです。

今日は買い込むぞという気になって真剣に挑みました。

加えて目当ての店舗がタイムセールになった事で、私は満を辞して店舗に入りました。

加えて服を身始めました。

その事例に隣にいたのがあの女でした。

この女子はおそらく30代後半くらいの年齢だと考えます。

やぼったい黒縁メガネをかけたひょろっとした女子でした。

中でも私が気になったもち味は顔の必要ない毛です。

よく見たら鼻の下に髭の様な必要ない毛が生えてきていました。

そのような女に私はバーゲンで目を付けたコートを奪われたのです。

私は別のコートと比べるために服を一時だけ別のところにかけておいたのです。

そのケースに手に持っていけば良かったのですけど、人が多々あるので持ち歩いたら厄介だなと思って一時だけ置いていました。

加えて比較したいコート持って戻ってきたら私が取っておいたコートが無くなっていたのです。

そう必要ない毛女に奪われたのでした。

私は取られた事に余りにムカついて「それ私が置いてたやつなんです」と思わす言いました。

そしたらその女に「いや、まだ買ってなかったら貴女のものじゃないでしょ?」と言われました。

何とも言い返せなかったけど、実際にムカつきました。

あの勝ち誇ったような顔忘れられません。

現実に必要ない毛をむしってやりたかったくらいに腹立つ女でした。

こうして私は欲しかったコートを奪われて泣く泣く放棄したのです。